忍者ブログ
大阪のJazz Studio"K'z"のブログ
 86 |  85 |  84 |  83 |  82 |  81 |  80 |  79 |  78 |  77 |  76 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

伊良部島の続きです。38620fdb.jpg

ここ佐和田の浜には、
浅瀬に岩がゴロゴロ!
・・・津波で打ち寄せられたのです!

阪神大震災を経験した我々、
「ひぇっ、ここに津波なんて来るんですか?!」
「はい、300年ほど前に!」

この手前から延びている連なりは
『魚垣(ながき)』といって、魚を獲るため
迷い込んだ魚が干潮時に出られなくなるように
作られた石の堰です。

これも300年前から崩れずにあるのだそうです!
先人の知恵はすごい!!!

ユーヤ君が聞かせてくれる島の話。

宮古、伊良部、下地、池間、来間など、
こんなに島が隣接しているのに、島によってそれぞれ方言が違うこと。
伊良部でも地域によって違い、
それは移住してきた元の島からの伝統であること。

沖縄地方の名前の読み方で盛り上がるミーハーな私達、
仲間由紀恵が伊良部出身と判明!

仲間は伊良部で一番多い名字とか・・・

ユーヤ君の高校では、男子生徒には                                                     
『カツオの一本釣り』の体験授業があるとのこと!
未明から漁師さんに引率されて、カツオ船に乗船、
沖にあるパヤオ(人工的に造った漁礁)へ、
船一杯の大漁になるまでは漁場を変えて釣り続け、
帰港しないという授業。
ほとんど丸一昼夜、不眠不休でカツオを釣り帰港すると、
女子生徒がそのカツオをさばく。
これこそが本物の地域に根ざした生きた授業!
すばらしい教育のあり方ですね!!!

彼から聞く島の話の端々には、
島のおじいやおばあを大切に思う自然な気持ちが現れていて、
都会の若者の口からはついぞ聞けないその言葉に心が和みました。
     44635181.jpg

こんなに小さいユーヤ君!


言葉とはうらはらにシャイな私達!


あ~、一緒に写真撮ればよかった~!!!



次回こそ青の洞窟ね!と
伊良部を後にした我々でした。


c995cd37.jpg三線ライブと沖縄料理の店
『郷家』

72歳(びっくり!お若い)
のお姉さんが、
三線(さんしん)に合わせて
島唄を聞かせてくれます。


この夜は観光客に混じって地元の若者とおじ様が、
ライブをリード、一曲目から、口笛と踊りで大盛り上がり!!!

814d1115.jpg本土では食べたことのない
魚のお刺身です。

右からハマダイ、スジアラ、
シロクラベラ、マグロです・・・多分


12985c54.jpg





もちろん、海ぶどうを食さねば!







5f878e83.jpgこれは、未知との遭遇ではありません。



ホテルのバーのシャンデリアです。
貝殻で出来てます!!!


なんていい気分~!なんて
部屋に戻ったら、
午後10時58分、
グラグラグラと揺れました!!!

震度4!
宮古島まで来て地震なんて!!!

津波情報がなかなか放送されません。
地震経験者の我々、
津波が来たら、
ここはウオーターフロントで、ヤバイ!

しかし宮古島には高い山も小高い丘もない!
我々の部屋は4階だから、
下手に逃げるよりはここで事態を静観しようと即決!

その後、余震も津波もなく、
結局、テレビ見ながら寝てしまいました。

あ~何事もなくて、よかった~!
PR
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
びわももよもぎ
性別:
非公開
自己紹介:
枇杷、桃、蓬はもう一生食べられないアレルギー体質の私。
アレルゲン山ほどの世の中で、
負けずに闘う
アレル(荒れる?)バスター、
ここにあり〜だぞ!!!
ブログ内検索
P R
アクセス解析
Copyright ©  K'z便り  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]