忍者ブログ
大阪のJazz Studio"K'z"のブログ
 90 |  89 |  88 |  87 |  86 |  85 |  84 |  83 |  82 |  81 |  80 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私、宮古島が大好きです!

ちょうど先月、その美しい海と人に触れてきたばかりです。

宮古に行く前から、
9月に起こった尖閣諸島での
中国漁船の暴挙に対して、
日本政府が録画しているビデオを
何故公開しないのかと
いぶかしく思っていました。

明らかに意図して衝突してきたものであるなら、
YOU TUBEで世界に向けて日本の正当性を
発信するべきだと思っていました。

沖縄諸島から遠くに住む我々には、
旅行にでも行かなければ、
石垣も宮古も尖閣諸島も見知らぬ土地でした。

衝突事件が起きて疑問に思ったからか、
宮古に向かう飛行機の中で航空機の国内航路地図を
じっくり眺めました。

尖閣諸島は宮古島のほんの目の前、
手の届きそうな場所にありました。

あとで伊良部島の方に聞いたところでは、
カツオを釣りに尖閣諸島あたりまで、行くことがあるそうです。

漁船船長の逮捕に関しての中国政府の居丈高な物言いに、
『何ゆうとんねん、石投げたろか!』と、
冗談めかして話の種にしていました。

しかし、冗談ではすみませんでした。

旅行から戻ってみると、
フジタの社員が拘束され、
中国船の船長は、処分保留で釈放、
故国では英雄扱いされてる始末。

人質を盾に、経済問題をちらつかせて、
恫喝する中国のそのやり方と、
すぐに腰砕けて、あとずさる現政権の軟弱さに
まるで大人と子供ほどの政治手腕の差を
まざまざと見せられて、歯噛みする思いでした。

日本人は歴史的な引け目のために、
押せば引くと読まれているのです。

そして11月5日のビデオ流出です!

ここまで議論沸騰しているにもかかわらず、
公開しないのには、よほど見せられないなにかが
写っているのだと思わずにはいられません。

ネットでは真偽のほどは不明な諸説が飛び交い、
海上保安官の殉職という、実名をあげた書き込みまでが
一人歩きしています。

そして11月10日、
神戸の海上保安官が機密情報の漏洩の疑いで
事情聴取のため拘束されました。

これまでマスコミは政府と論調を合わせ犯人探しの報道に
終始していました。

そして海上保安官の自白で機密保持の甘さ、
公務員としての責任追及に矛先を変えました。

巷では、この海保職員を罪に問うなという判官びいきの声が
大きくこだましています。

一昨日生まれて初めて国会中継というものを、
じっくり見ました。
若い議員の核心を突く質問に、のらりくらりと、
体をかわしてまっすぐな返事を避ける政府側。
もちろん、暗黙の了解で質問者側にも口に出せないことも
あるのでしょうが、見ていていらいらしてしまいます。

とうとう首相官邸の意見窓口に、
『ビデオ全面開示せよ!』とメールしてしまいました。

今日12日になっても、
自白した保安官は逮捕されていません。
警察関係者、法律家、いわゆる識者とよばれる方々の中でも
何の罪で逮捕、起訴するのか意見が分かれているとのことです。

海上保安官が銛で突かれた、
またその方が殉職された云々が、
ネットの生み出した虚構であるなら、
石原知事ではありませんが、
全面開示すればはっきりすることです。

中国への外交カードとして、
国民には知らせず中国漁船の体当たりを使うつもりであったなら、
なぜ早々と漁船の船長を処分保留で釈放したのか、
その一貫性のない政治姿勢はどこから来るのか?

私は右にも左にも縁のない、ただの宮古島大好きおばさんです。

前回の宮古訪問時に、あるリゾートのオーナーが
『中国は今に沖縄も中国領だと言いますよ』と、
言われました。
いかにも政治的なその言葉に、
幸せな旅行気分に水を差されたような気がして、
鼻白みました。
中国に対しての不信感をあらわにしたその言葉に、
LOVE & PEACEを建前とする戦争を知らない私は、
ずいぶん乱暴な考え方だなと、聞こえないふりをしました。

しかし今回、この日本の辺境で起こっている事態を
宮古島を愛するがゆえに、自分自身の問題として
考えることができるようになりました。

中国政府の態度を見聞きしていると、
あながち彼の言葉も否定できないかもしれない・・・
と思えてきます。

日本の領海を侵犯され、船をぶつけられ、
ネット情報によれば、漁船に乗り移った海上保安官が
海に投げ込まれ、銛でつかれた様子が写った映像を
非公開にし、あげくにその犯人を釈放した・・・
銛で突かれる云々がデマであるとしても、
政府にはどんな意図があってビデオを非公開にしたのか・・・

明らかに中国側に非のあるこの事態を、
外交カードとして使わず、フジタの社員を人質にとられたがために、
中国側の思いどうりに手玉にとられたのか・・・
外交手腕は無きに等しいと思われます。

辺境で身体を張って、警備、警戒にあたっておられる方々が
憤りを感じられても当然だと思えます。

ビデオを流出させた保安官が公務員として機密漏えいの罪に、
問われるのであれば、
中国漁船船長を処分保留で釈放した司法の判断はどうなるのでしょう?
政府の責任は?

日本は自由な国のはずです。
北朝鮮でも、中国でもないのですから、
このネット時代に情報を隠し通すことは出来ません。

そして、日本人として日本の国土を愛し、守ることは当たり前です。

生まれて初めて美しい海をシュノーケルで覗くという
趣味を持つことのできた私は、
平和ボケから目覚めました。

日本の領海侵犯を許してはなりません。

私の大好きな沖縄の海は渡さないぞ!!!

PR
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
びわももよもぎ
性別:
非公開
自己紹介:
枇杷、桃、蓬はもう一生食べられないアレルギー体質の私。
アレルゲン山ほどの世の中で、
負けずに闘う
アレル(荒れる?)バスター、
ここにあり〜だぞ!!!
ブログ内検索
P R
アクセス解析
Copyright ©  K'z便り  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]