忍者ブログ
大阪のJazz Studio"K'z"のブログ
 82 |  81 |  80 |  79 |  78 |  77 |  76 |  75 |  74 |  73 |  72 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

f6827028.jpg十三生き字引を自認するこの私・・・

ぜん~ぜん、全く、毛ほども知りませんでした!

フラメンコのスタジオが出来ていたなんて!

それもB級グルメの我々が出没する界隈に!

『Ardiente・アルディエンテってスタジオ
知ってる~?』と知人から電話があったのです。

『え~?』

『そこでフラメンコのショーがあるんだって~』


早速ネットで調べて行ってきました。

細い階段を下りると、そこは小さなシアター! 0c978369.jpg

フラメンコのポスターが貼られ、
すでに、沢山の方が談笑しておられます。

今日は2回公演で、
すでに一回目を終えての休憩時間のようです。



925763e1.jpg







ホールにはバーが併設されていて、我々の行くライブハウスの趣です。

                          4ac3edb9.jpg

バーの反対側にステージが、
主人公の登場を待っています。




cfd92723.jpg


まずはミュージシャンが板付きです。



歌い手(cante)が二人、
ギタリスト(guitarra)
ヴァイオリニスト(violin)の4名です。

譜面などは見ません!


踊り手(Baile)登場です!                 26c6035c.jpg
当夜は女性2人、男性1人が踊りました。

歌い手は手拍子でリズムを取ります。
リズムの基調は3連、6連、9連符。

踊り手の靴もリズムを打ち鳴らします。

どのプレーヤーも踊り手を、じっとみつめて、
間合いをはかり、演奏します。


歌はスペイン語なので、全く分かりませんが
発声は地声で、民謡の唱方に近いようです。
自然に鍛えられた声ですね。
                            6713f0ec.jpg

フラメンコを生で見るのははじめてですが、
多分、ジャズのアドリブのように、
あらかじめ決められたパターンでの
即興的な演奏と踊りが
阿吽の呼吸で繰り広げられているのでは
ないか・・・と感じました。

乗せ上手な観客も手拍子に参加して、
いいタイミングでスペイン語の掛け声がかかります。


歌舞伎と全く同じです!


a894e819.jpg踊り手はそれぞれに、
個性が違い、
踊りが違います。

端整な踊り、
奔放な踊り、
歌とまるで同じです。


私の携帯が、踊り手の早い動きを
捉えられないのが残念です!!!



9c9d6a30.jpg当夜のパンフレットには、
和紙で作ったお人形が
踊ってました。


こりゃ、病みつきになるかも!!!
PR
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
びわももよもぎ
性別:
非公開
自己紹介:
枇杷、桃、蓬はもう一生食べられないアレルギー体質の私。
アレルゲン山ほどの世の中で、
負けずに闘う
アレル(荒れる?)バスター、
ここにあり〜だぞ!!!
ブログ内検索
P R
アクセス解析
Copyright ©  K'z便り  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]