忍者ブログ
大阪のJazz Studio"K'z"のブログ
 45 |  43 |  44 |  42 |  40 |  39 |  38 |  37 |  36 |  35 |  34 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

K'zメンバーが帰宅途中にひったくりに遭いました。

昨年に続き今年もです!
去年の犯人は、その事件後しばらくして捕まったらしいです。
今年も早く捕まえて欲しいものです。

小柄な女性は狙われやすいのでしょうか?

日本の治安がよいのは誰もが認めるところです。
ニューヨークでは、K'zのツアー中にホテルのロビーで堂々と
メンバーのバッグを引ったくろうとした奴がいたくらいです!
幸いにも抵抗して盗まれなかったのですが、
大声を出しても、知らんぷりしてごった返すロビーを歩き去りました。

夜、女性が一人歩きしても恐くないのは日本くらいかと信じていましたが、
やはりそれは認識が甘かったようです。

夜、人通りのない暗い道は、極力歩かない!
でも我々のような仕事は夜が遅い!
夜間の住宅街は考えようによっては、犯罪者の狙い目かもしれません。
住民が寝静まっていれば、悲鳴をあげても誰も気づいてくれません。

もう一人のメンバーも、やはり自宅前でひったくりに遭いました。
彼女は大柄ですが、相手はバイクに乗っていたそうです。
この犯人は比較的すぐに捕まりました。
その近辺で何件も事件を起こしていたそうです。

私はネオンの見えない場所に住んだことがないので、
寝静まった住宅街を見るにつけ、こんな場所に住んで夜恐くないの・・・
と思ってしまいます・・・高級住宅地に住めないやっかみかも・・・

私の場合、引ったくり防止が目的というわけではないのですが、
両手が自由になるので、初めてニューヨークへ行って以来、
向こうで教えてもらった通り、ショルダーバッグを斜めがけしています。
当時・・今もかも・・ニューヨークでは引ったくりは日常茶飯事で、
自衛のためほとんどの女性はショルダーバッグ斜めがけ、
靴はすぐに走って逃げられるようフラットなスポーツシューズ。
職場でヒールに履き替えるとのことでした。
あまりの犯罪の多さに、犯罪撲滅よりもまず自衛をということでしょう。

はじめてニューヨークへ行くときはさんざん脅かされました。
歩道は車道側も家屋側も歩くな!
車でひったくる奴がいる!
家屋側を歩くと、わき道に引っ張り込まれてホールドアップに遭う!
金を出せと言われたら、ポケットに紙幣を何枚か入れておいてそれを出せ!
ゆめゆめ、内ポケットに手を入れてはいけない!
拳銃を出すと思われて、撃ち殺される!
ほんとに、ビクビクしながら歩いたものです。

その後のK'zツアーでも一応この教えを守って、
すぐに出せるポケットに10ドル札を2枚入れて歩いていたところ、
パークアヴェニューで、後ろから上品な女性二人に呼び止められ、
『お金を落とされましたよ、気をつけてね~』と手渡されました!

誰もが犯罪者ではない!
しかし油断してはいけない!

人の多い街中だからといって、決して安全とはいえません。

私が20代のころ、梅田の新阪急ホテルのトイレで襲われました。
地下のバーで仲間と飲んでいて、トイレへ一人で行きました。
11時前くらいでホテルの地下の飲食店はバー以外閉店し、とても静かでした。
そのときはトイレの入り口にドアがあり、
中へ入ってしまうと密室状態で、
中で声をあげてもトイレの外へは聞こえません。
私が個室に入ってしばらくすると、誰かがトイレに入ってきました。
私の隣の個室に入って、なんだかジャージャーとお水を流しています。

先に出て鏡の前で手を洗って、ふと顔を上げると、
私の隣の個室から若い男の子が出てきたのが鏡にうつりました。
その時にもまだ私は気がつかなかったのです。
・・・男子トイレと間違ったのねと吹き出しそうになったくらいです・・・
これを平和ボケといわずしてなんでしょうか!

それからが大変!
大乱闘です!
彼は私を個室内に連れ込もうとし、私は抵抗、
大声を上げてもトイレの入り口ドアが閉まっているため、
声が外へ届きません!
幸いなことに彼は私と同じくらいの背格好でした。
ずいぶん長く感じられましたが、あまりの抵抗に臆したのか、
声の大きさに辟易したのか、発見されるのを恐れたのでしょう、
私をおいて逃げて行きました。

もちろん、大声で『捕まえて~!!!』と人を呼んだのですが、
ちょうどその時刻、トイレのまわりには人通りもなく、
おまけにホテルと地下鉄への通り道へのシャッターが降りかけていて、
それが閉まる寸前に彼は潜り抜けて、ホテルの外へ逃げてしまいました。

多分その時間に、人が少なくなるのを知ってどこかに潜んでいたのでしょう。
女性が一人で入って来るのを待ち伏せて。
多分20歳になっていないくらいだと思います。
音をたてないようにランニングシューズを履いてました。
彼が刃物を持っていなかったのが幸いでした。
それ以来、
ホテルやビルのトイレに一人で行くときはいつもしっかり気を配ります。
知らない場所ではなるべく一人で行かないようにします。

それからしばらくして、新阪急ホテルへ行ってみたら、
女子トイレの入り口ドアは取り外されていました。

この法治国家日本で、こんな経験でもなければ、
いつか、どんな拍子に自分も危険な目に遭うかもしれないなどと、
想像してみることもできなかったでしょう。
誰にでも被害に遭う可能性はあるのです。

犯罪を呼び寄せないよう、犯罪者に隙をみせないよう、
出来る範囲でまずは自衛いたしましょう!
PR
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
びわももよもぎ
性別:
非公開
自己紹介:
枇杷、桃、蓬はもう一生食べられないアレルギー体質の私。
アレルゲン山ほどの世の中で、
負けずに闘う
アレル(荒れる?)バスター、
ここにあり〜だぞ!!!
ブログ内検索
P R
アクセス解析
Copyright ©  K'z便り  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]