忍者ブログ
大阪のJazz Studio"K'z"のブログ
 47 |  46 |  45 |  43 |  44 |  42 |  40 |  39 |  38 |  37 |  36 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

訃報が届きました。

発表会でも何度もお世話になった、
有名ライブハウスのオーナーが亡くなられました。

事故で意識不明のまま逝かれたそうです。

ご葬儀は家族葬だそうです。
ご冥福をお祈りします。

私が心配する必要などないかもしれませんが、
すべてお一人で采配をふっておられたオーナーが亡くなった場合、
何軒もの店はどうなる・・・
ブッキングはもう何ヶ月も先まで入っているだろうし・・・
うちのように発表会直前のグループもあったかもしれない・・・

そして、もし、これが自分の身に起きたらと、考えました。

私も彼と同じくワンマン経営といえば聞こえはよいですが、
すべて一人で取り仕切らざるをえない個人経営の自由業です。
特に今のように大勢を巻き込む発表会を控え、
すべての情報は私一人が握っている状況で、もし私が倒れたらどうなるか・・・

個人的なことは家族間で考えればよいことですが、
小なりといえど、ケイズとしての社会的な責任をどう果たすか・・・

あわててバカボンに電話しました。
以前私があるタレントの同じような状況下で、
意識のない当人に代わって仕事を取り仕切った時、
血縁でないということで、
大事な場面でシャットアウトされた苦い経験があったからです。
どんなに献身的であろうと、
家族以外には立ち入れない部分があります。

『もし私が急にいなくなった場合、君はこの業界を知らないから、
これはこの人、あれはこの人に相談を』と。
『そして皆さんに協力をお願いして、
かならずあんたが全責任もってやり終えるんだよ!』と。
バカボンはホイホイと,
しかしながら真面目に『大丈夫、まかしといて~』と請合いました。
母親の病気や家庭の崩壊など現実に経験してきているので、
この手の話は子供時代から幾度と無く聞かされていて、
間違っても冗談にしてしまえないということを、
彼は否応無く学んで来たのです。

最初に入院手術をしたときから、15年前の癌の手術にいたるまで、
術前に考える時間があったので、必ず遺書を書きました。
病院から生還できなかった時のため、子供も小さかったので、
始末はこの方に代理人を頼みなさいと指定して、
あとの経済的な処理までこまごまと書き置きました。
病の認識があったので、
残された者が途方にくれないようにと切実に思ったものです。
病気と闘っているときは、家族以外には目が向けられず
もしだめな場合の自分の身の始末ばかりを考えていました。

今まで沢山の方のご葬儀に参列した経験から、
形式的な葬儀は不必要とも思っていました。
私自身、母を見送って、
葬儀とは残された者の訣別のためのものだと理解できましたし、
自分の番が来たら、その必要はないなと。
まだ小さかったバカボンにも、折にふれ言って聞かせました。
葬儀は密葬、あとでみんなで飲んで歌って、
これでようやく楽になったね~と喜んで送ってねと。

幸いまだ生き延びていますが、
突然の不幸は誰にでも起こりえます。
一言の申し送りもできずに逝ってしまったら・・・

今日の訃報に接して一番に考えたのは、
病気と闘っていたときのような、
個人的な身の始末や家族への責任ではなく、
仕事をする人間としての責任の取り方でした。
それは多分に、バカボンも独り立ちして保護を必要としなくなり、
個人的に守るべき対象がなくなったせいかもしれません。

小規模ながらも、ここまで培ってきた人の輪の
大切な発表会を控えている今の時期だからこそ、
余計に身近にかんじられたのかもしれません。
 
そしてその輪を通じて、人間が自分一人で生きているのではないと、
沢山の人との係わり合いの中で生かされていると、
感謝できるようになったからかもしれません。

今日、訃報を伝えたメンバーに頼んでしまいました。
『もし、こんな場合、私がいなくなっても、必ず発表会はやってね』
彼女たちの返事は、
『う~ん・・・じゃあ、追悼コンサートにしてあげる・・・』でした!
よろしく、たのんだよ~!
 

PR
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
びわももよもぎ
性別:
非公開
自己紹介:
枇杷、桃、蓬はもう一生食べられないアレルギー体質の私。
アレルゲン山ほどの世の中で、
負けずに闘う
アレル(荒れる?)バスター、
ここにあり〜だぞ!!!
ブログ内検索
P R
アクセス解析
Copyright ©  K'z便り  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]