忍者ブログ
大阪のJazz Studio"K'z"のブログ
 37 |  36 |  35 |  34 |  33 |  32 |  30 |  29 |  28 |  27 |  26 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

しばらくぶりに、この歌を歌いました。

甲子園麺匠でのこと。

さだまさしさんが、雪村いずみさんのために書いたこの曲。
雪村さんは私の“My Way”と大切にしておられます。

20年ちかく前に、当時私がプロデューサー・マネージャーとして担当していた
男性歌手のために見つけてきた曲です。

雪村いずみさんは、美空ひばりさん、江利チエミさんとともに、
昭和30年代から三人娘の一人として喝采を浴びた歌い手です。
いずみさんとチエミさんはジャズシンガーとして、
ひばりさんは演歌の大御所として一世を風靡しました。
私は小さい頃から、この方々の歌を聞いて育ちました。
世の中にシンガーが溢れる前の時代ですから、
有名歌手は限られていました。
今になってはじめて分かることですが、
この三人は若くして、今のアイドル歌手などは及びもつかない
才能と技量を備え、魅力に溢れていました。

若くしてスポットライトを浴びた3人も今では、
ひばりさんもチエミさんも夭逝されて、
いずみさんお一人が歌い続けておられます。

その彼女のためにさだまさしさんが書き下ろした曲。
そこには栄光を手にした歌い手にしか分からない光と影、
同じ道を選びながら、先に逝った友人たちへの思いが
彼女にしか歌えない説得力をもって綴られています。

この歌はそのキャリアにおいてトップの座を経験したことの無い者が
歌うのは僭越に過ぎると思われる歌詞がでてきます。
しかしドラマチックな歌としての完成度の高さは、
歌い手なら必ず挑戦したいと思うはず。

ドラマとして演じきればよいと、自分を納得させて
当時彼に歌うように勧めました。

それから約20年が経ち、
私の人生も後半にさしかかり、
今一度この曲と向かい合ってみると、
頭の中のイメージとして、演じて歌っていた歌詞が、
具体的に十分な重さを持つ事実として迫ってきました。

エクササイズで歌っている時にも、
同じ箇所でこみ上げてくるものがあって、
ぶざまな涙声になってしまいます。

『自分が泣いてどないするんや!客を泣かすんや!』
これを歌うと感情移入が過ぎてすぐにウルウルする彼に、
檄をとばすのが当時の私でした。

ああ、それなのに、これはマズイ!
これでは歌として破綻をきたす。

自己陶酔と自己憐憫にどっぷり浸かった歌ほど、
鼻につくものはない!
そんな歌は最低や!と公言してはばからなかった私です。

いったん内容を昇華して、熱くはあっても客観性を失わない
歌を歌うべきだ!

・・・と断言するパワーが昔はありました。

何かを愛したり、嫌悪したり、こだわったりするには
むき出しのパワーが必要。

しかし今では何のこだわりもなく、
涙腺が反応してしまう・・・これは一体どうしたことか・・・

これは、自己陶酔でも自己憐憫でもなく、
自分の来た道を客観的に振り返ることで、
必然的に起こってしまう事態のようです。

あるベーシストが言ってました。
昔はくさいと思ってたのに、
今は、『あれ』を聞くと涙が止まらない・・・と

『あれ』・・・とは、
“ Yesterday When I Was Young ”
だそうです。
 

PR
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
びわももよもぎ
性別:
非公開
自己紹介:
枇杷、桃、蓬はもう一生食べられないアレルギー体質の私。
アレルゲン山ほどの世の中で、
負けずに闘う
アレル(荒れる?)バスター、
ここにあり〜だぞ!!!
ブログ内検索
P R
アクセス解析
Copyright ©  K'z便り  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]