忍者ブログ
大阪のJazz Studio"K'z"のブログ
 129 |  128 |  127 |  126 |  125 |  124 |  123 |  122 |  121 |  120 |  119 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 一体このていたらくは何なんだっ!

この国難の時期に立ち上がらず、
国政の場において君たちは自己保身しか考える事はないのかっ!

腰抜けどもっ!

一体この国はどこへ行こうとしているのだ!

震災で困窮を余儀なくされておられる被災者の身になって、
本気で役に立とうとする政治家はいないのか?

もう、やんなっちゃったよ〜

永田町は権力闘争と自己保身に明け暮れ、
被災地も国民もおいてけぼり。

我々はどうすればこの事態をよい方向に向けられるの?

こんな人たちを選んで国会に送り出した我々の責任を痛感します。

目の前で繰り広げられる手前勝手な談合の
あまりの馬鹿馬鹿しさに、
これが一国の中枢を預かる人々のすることかと、
無力感にうちひしがれてしまいます。

政府と東電の隠蔽体質のために、
今でも福島県民は放射能汚染の危機にさらされているのです。

ただちに人体に影響はないなどとのまやかしが、
いつまで暴かれないと思っていたのでしょうか?

私は甲状腺がんで左甲状腺を摘出しました。

福島とチェルノブイリでは原発事故の規模と状況が違うのですが、
いまだに除染されていない土地に居住されている方の年間被爆量は、
一体どれくらいに上るのでしょうか?

私が手術を受けたのは1995年、
チェルノブイリ事故から9年が経っていました。

術後の回復期に、
たまたまNHKでチェルノブイリ事故後の健康被害の取材が放送され、
事故当時0才から14才くらいまでの子供たちが、
事故後甲状腺がんを発症し、手術を受けたと映像で紹介されたのです。

あまりに衝撃的だったので、
今でもその映像の1場面を憶えています。
金髪、碧眼の可愛らしい少女のきゃしゃな首の付け根に
恐らく予後の外見など一切斟酌されずに手術が行われたのでしょう、
横一文字のおおきなえぐったような傷跡がみられました。

彼女はガンが発見されて、
早期に手術を受けられただけまだ幸運だったかもしれません。
生命の危険は回避された訳ですから。
一生涯その醜い傷と放射能汚染という十字架を背負いながらです。

Wikipediaによれば、放射線による事故後の影響は
早くて1年後から見られるとされています。

ほら吹きなのか真実の伝道者なのか判然としない、
中部大学の武田教授によれば、4年後から影響がでるそうです。

もし福島の地に、一年後以降乳幼児から児童に甲状腺ガンが
発症するようなことがあれば、
政府はその責任をどうとるつもりなのでしょう。

子供達がこれからの日本の未来を創っていくのです。

自分たちの保身のためにSPEEDIの予測結果を握りつぶし、
いまだに当初の発表を訂正せず、計画避難などという言葉で
住民の安全を無視し国民の生命を危険にさらし、
その上にまだ政権の延命のための道具として利用しようとする。

大げさなもの言いは避けたいとは思いますが、
「万死に値する」とはこのことだと思います。

そして昨日のあの茶番劇。
ああ〜、全能の力が欲しい〜!
PR
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
びわももよもぎ
性別:
非公開
自己紹介:
枇杷、桃、蓬はもう一生食べられないアレルギー体質の私。
アレルゲン山ほどの世の中で、
負けずに闘う
アレル(荒れる?)バスター、
ここにあり〜だぞ!!!
ブログ内検索
P R
アクセス解析
Copyright ©  K'z便り  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]