忍者ブログ
大阪のJazz Studio"K'z"のブログ
 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日本経済新聞の朝刊に『私の履歴書』という      4cd649a7.jpeg
コラムがあります。

先月は女優の佐久間良子さんが
その公私にわたる履歴を率直に語られて
随分話題にもなったようです。

俳優の平幹二朗さんとの離婚の顛末など、
私も興味津々で読みました。

具体的な記述はありませんでしたが、
多分経済的な援助も受けず、
女手ひとつで二人のお子さんを育て上げられたのですから
そりゃあいいたいこともあるでしょう!

平さんご自身も
そのコラムの感想を記者に聞かれて
佐久間さんがそんな風に感じておられたのなら、
自分が至らなかったからだと
質問に対して誠実にこたえられたそうです。
部外者の我々としてはどちらの肩を持つ訳でもありませんが、
ま、平さんのその対応は大人としての礼節と言えましょう。

この『私の履歴書』というコラムは、日経という新聞の特性もあって、
登場する書き手は功なり名とげた財界人が多いのです。
なので、佐久間良子さんの登場は新鮮でした!

このコラムに接していつも思うのは、
ここに登場される方々はどのように、
過去の履歴を語る時期を決定されているのでしょうか?
いつになれば、自分の人生を、過去を語る資格ができるのでしょう?
前途には、まだ見ぬ地平が待つと思える人が、
来し方を語るのは早すぎるでしょう。

ではその時期はいつならよいのでしょうか?

執筆者の殆どの方の肩書きは、
財界人でいえば現役の社長業を退いて、
会長や相談役、又は肩書きの前に『前』が付くのです。
前社長、前会長と。

栄誉に満ちた経歴を誇り、現役としての役目を終え、
その職を退いた時が『その時』なのでしょうか?

それゆえ、現役の女優である佐久間さんが
『私の履歴書』に登場されたのは、
ちょっとした驚きでした。

執筆するにあたり、
プロとしての経歴とともに、
ロマンスやその破局まであれこれ取沙汰される女優という仕事では、
私生活に関するその部分を避けて通れなかったのでしょう。

このプライベートに関する部分を書くという行為は
いつも問題を孕んでいます。
小説などでもモデル訴訟という形で争われる例を見聞きします。
人が社会生活を営んでいる以上、必ず何らかの軋轢が生まれ、
たとえ事実をありのまま歪曲せずに表現したとしても、
書くという行為それ自体が、
書かれた人を傷つけてしまう側面があります。

いつもこういった自分史を見るたびに、
他人事ながら皆さんどこでその一線をひいておられるのかと、
悩ましく考え込んでしまうのです。

e6cbd0c3.jpeg現在は演出家の蜷川幸雄さんが登場しています。
怒鳴りまくり、灰皿を投げる恐ろしい演出家として
その名を馳せる蜷川さんですが、
昔、私の学生時代に日生劇場で遭ったことがありました。




当時彼はまだ演出家ではなく、
俳優としてテレビなどに出演しておられたので、
名前は思い出せなくても顔は知っていました。

我々演劇科の学生は勉強のため特別割引で
芝居のチケットが手に入るので、
いわゆる三階の天井桟敷の常連でした。
その同じ場所にすでにキャリアのある俳優さんが
来られているのが学生の我々には不思議でした。
その日は蜷川さんよりも売れていた
同じ劇団の男優さんと二人で来ておられました。

その後、演出家として有名になられて、
『あ〜、あの時のあの人だ〜!!!』と、
分かったのです。

蜷川さんは亡くなった女優の太地喜和子さんに
『お願いだから、俳優は辞めて!下手すぎる!!!』と
言われたそうです。

自意識過剰で演技に向いていなかったのです。

今回の『私の履歴書』を読んでいて、
あのころを思い出しました。

多分、歳は違いますが、
当時の私達と同じくらい名もなく、お金もなく、
内と外からの炙られるような焦燥感に苦しみながら、
生きていた時代だったのでしょう。

その蜷川さんが今、『私の履歴書』に登場されて、
何となく彼の『その時』の線引きが理解できた気がします。

私の『その時』はまだ来ていません。
PR
京の和食のあとは、
やはりちょっとしっかりした味が恋しい・・・と、
我々B級グルメ隊が、
お花見のついでにやって来たのは、
ここ夙川の “Chez Mori” です。

本店は芦屋、打出にあって、
よく知られた名店です。

夙川店はこの4月オープンで、
金曜夜にもかかわらず、
運良く予約が取れました。
テーブルが三つ、カウンターが6席のお店です。

b65b2cef.jpeg
アラカルトで頼んだ
フォワグラのテリーヌ。
舌に乗せるとトロリと
溶ける口触り、
絶品です!
トソの赤ワインによく合います。
         
       aef06951.jpeg

ここからはコースです。
春の洋野菜の前菜。
ルッコラ、イタリアンパセリなどの
下から顔を覗かせているのは
鰹、鯛、グリルしたイカ、
熱々の殻付きミニホタテ、
ホタルイカ。
すべてにしっかりと仕事がしてあります。
中央のグリーンアスパラの新鮮な美味しさ!!!
香草嫌いのU隊員も満足の笑みです。


40560459.jpeg


カプチーノ仕立ての
マッシュルームスープです。




c0df5e3d.jpeg



ここからは選べるメインを
一種類ずつ頼みました。
まずは牛ほほ肉の赤ワイン煮込み。
しっかり煮込まれてます。



dc277744.jpeg

鴨、かも、カモで〜す。
ちゃんとみんなで
取り分けられるように
切り身が偶数にしてあります。


01fd9ec0.jpeg



お魚は鱸です。
焼きたて熱々で供されます。

どのお皿も、
バランスよく、
抑制のきいたお味です。

フレンチやイタリアンでコースを頼むと、
その中に必ずと言っていいほど、過剰な味のものがあるのですが、
ここ“Chez Mori”ではそれがありませんでした。
フランスパンも焼き加減の違う三種類が楽しめました。

48906867.jpeg

デザートはイチゴのアイスと
ブラマンジェ、
可愛いフルーツはイチゴとキウイ。


カトラリーも私は初使用の
華奢で機能的なCutipol、
センスが光ります!



これで夜のディナーAコース ¥3500-なり!
ワインも趣味のよいものがリーズナブルなお値段です。
実にお値打ちです!
収容人数が少ないので、予約は早めがおすすめです!
 

fb51a2c2.jpeg
わが商店街にも桜が満開!


毎年こうして春の訪れを
肌寒い時期から知らせてくれます。



100bcb39.jpeg




でもこれって、
どこかの桜を
毎年切ってるってことですね?



昨日のニュースで、京都での交通事故が報じられました。
つい先週末に我々が通った四条の南座前で、
暴走車に十数人が跳ねられ、
7人の方が亡くなられたそうです。

状況が違っていたら、我々がその中にもいたかもしれません。
私などは一番に犠牲になっていたでしょう。
背筋がひやっとします。

随分昔の大韓航空機撃墜事件を思い出します。
1983年はじめてのニューヨーク滞在の帰途に利用した
大韓航空の同じ007便がロシア空軍の戦闘機によって
領空侵犯のために撃墜され、搭乗者全員が亡くなりました。
あのときもまかり間違えば私が乗っていたかもと
ぞっとしました。

明暗は背中合わせ、
いつ何が起るかは人知を遥かにこえています。

北朝鮮のミサイル打ち上げは失敗に終わったらしい!
打ち上げ後一分ほどで爆発、
海上に落ちた?
でも頼みの綱のJ-アラートは鳴らなかった!!!
頼りないなあ〜!
またもや政府の情報伝達の失点が露呈!

今回の打ち上げで北朝鮮は各国の関係各機関へ、
厚顔にも打ち上げ見学への招待状を出していて、
プレスセンターまで開設していたために、
失敗の隠蔽の方法がなかったのでしょう。
今回の失敗で打ち上げ担当者の命の保証はないかもしれません。

日本に生まれてよかった・・・
そして、拉致された方々を取り戻さねば!!!  




 
758bef9b.jpeg翌日は晴れてお花見日和。
嵐山へ。

残念ながら、
ほとんどつぼみで、
期待したピンクの山肌は、
見られませんでした。

左は、嵐山「吉兆」です。
完全予約制で¥30,000-
入り口だけ見て素通りです。



                                                    4e62ccc2.jpeg
その並びにあるそば処
嵐山「よしむら」
席につくと、
嵐山の景観が目の前に広がります。
とても混んでいて、
大体、4〜50分待ちですが、
待つ甲斐はありました。


80ac8fe2.jpeg
セットメニューでは
冷・温両方のそばつゆで
そばを楽しめます。
その上、小天丼が付いてます。
そばつゆは京都らしい薄味でした。

そして、生まれて初めて
びっくりするほど美味しい
そばがきを食べることができました。
熱々をワサビ醤油でいただきます。
(すいません、食い気に走って撮り忘れました)
お酒のあてにぴったりの、そば味噌も絶品!
八丁味噌に煎った香ばしい蕎麦の実が入ってます。
(すいません、またまた撮り忘れました)

食べてばかりいた訳ではありません。
今まで何度か仕事がらみで嵐山には来ていましたが、
時間の余裕もなく、また関係者に言い出しかねて873a00a5.jpeg
一度も訪れたことのない
昭和を代表する歌姫、
美空ひばり記念館
「美空ひばり座」に入館!
             
入場料¥1400-なり!
うむ、ちと高いかな?


e6dc8711.jpeg

いえいえ、コストパフォーマンスは◎
館内にはひばりちゃんの
映画やステージ、テレビなどの
録画を見せてくれる
映写室が5つもあり、
ひばりファンなら
一日中入り浸って
いられます。
公私に亘る衣装なども展示され、
子供時代からの活躍の足跡を辿れます。
その膨大なレコーディング曲数や、
仕事量には正直圧倒されます。

そして、やはり、その歌のうまさは感動的でした!
完璧な声のコントロール!!!
完璧な声の鳴らし方!!!
実に偉大な国民的大歌手ですね!!!
ほんとにここまでの歌手はもう出て来ないかもしれません。

でも残念なことに、
入場者数は会館の表の通りの大混雑に比して、
あまりにも少ないと言わざるを得ません。

わんさかと嵐山観光に来る若者たちの大多数は、
もう「美空ひばり」を知らないのでしょう。

案内係のおば様はきっとひばりちゃんの大ファンだったのでしょう。
大阪の八尾から二時間かけて通っておられるとのこと。
中で働いておられる方々は、私と同年輩かもっと上の年代で、
ボランティアではないかと思われます。
この入場者数では維持もなかなか厳しいだろうなと危惧します。
今日は来てよかった・・と思いました。
どうか、これからも息長く存続できますように!
食事を終えて、
一路花見小路へと、向かう道すがら。
                      4dc41b67.jpeg


よく見えないかも知れませんが、
宮川町を、
お座敷に向かう舞妓さんの後ろ姿です。


661b0aba.jpeg





花見小路の「Candy」にて、
今や年に一度の
恒例となった、
星野正生師と
升本しのぶチャンの
LIVEがあるのです。

0505c074.jpeg

まだ満開とはいきませんが、
ライトアップされて美しい。



51817b45.jpeg




花見小路です。




   

             
          94af0bfc.jpeg




月は朧にひが〜しや〜ま♫♩・・と。
思わず歌ってしまいます。







74c1ec2b.jpeg



 
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
びわももよもぎ
性別:
非公開
自己紹介:
枇杷、桃、蓬はもう一生食べられないアレルギー体質の私。
アレルゲン山ほどの世の中で、
負けずに闘う
アレル(荒れる?)バスター、
ここにあり〜だぞ!!!
ブログ内検索
P R
アクセス解析
Copyright ©  K'z便り  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]