忍者ブログ
大阪のJazz Studio"K'z"のブログ
 54 |  53 |  51 |  52 |  50 |  49 |  48 |  47 |  46 |  45 |  43 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日、今までのブログを読みなおしていたら、
不満の表現として、暴れるという言葉を二度も使ってました。

そういえば、その場にいるみんなが不快と感じるような状況下で、
まず瞬間湯沸かし器と仇名される私が率先してムッとすると、
誰かが必ず『暴れないでね!』と警告を発するのです。

確かに私は気が短いかも・・・いや短いです。

温厚な性格の方や、とりなし上手の友人の横にいると、
理不尽なことに対して怒りを抑えられないで、
その気持ちをストレートに表現してしまうこらえ性の無さを、
いつも内心では反省しています。
どうしてもっと大人としての対応ができないのか・・・と。

しかし、あかんことはあかんのや!!!

昔に比べれば、腹を立てる回数はぐっと減ったように思います。
それは人間ができたということではなく、
色々な状況を経験してきたために、あきらめが先に立って・・・もういいや
・・・どうせ怒ってみても何も変わるまい・・・と思ってしまうことが増えたからです。

これは決して歓迎できる変化ではありません。

『That’s unfair!』それはおかしい!とアメリカ人はよく口にします。
彼らは小さい時からFairであれと教えられるようです。
物の道理はFairでなければならないのです。
公明正大、誰に対しても平等で正しくなければいけないのです。

腹を立てるというのは、Fairが世の中に存在するとまだ期待を持っている証拠です。
腹を立てて行動を起こす、それが例えばサウナルームの埃とか、
機械の不備で万引きに間違えられるようなことなら、
天下国家を論じるような重大事ではありませんが、
黙って無視せず苦言を呈することで改良される余地があると期待できます。

怒ることができる、それはある意味、まだ人生全般に対して失望してないからとも言えます。
怒りの声をあげることでFairな方向に導けるかもしれないと、どこかで信じているからです。

だから私は声に出します。
それが直截に過ぎて、煩がられるきらいはありますが・・・

 どうも、私のまわりは、言いにくいことは私に任せておけば、
きっと先頭を切って言い出すであろうと踏んでいる節があります。

『暴れないでね!』とは、爆発はしないまでも、みんなのかわりに
しっかりクレームつけてよね!という期待の裏返しのようなものなのです。

そしてお調子者の私はすぐにそれに乗せられて、
一人、特攻隊と化すわけです。

良くも悪くも、『暴れてやる~!』と仲間うちで冗談まじりに言えば、
その状況への警告として、暗黙のうちに、
こういうことはしちゃいけないのねと理解してもらえる訳です。

昨年の発表会の打ち上げ中に、
我々の発表会を終えたばかりのその店のピアノの調律が始まりました。
確か約束では、発表会の前日に店の定期的な調律をするから、
当日の調律は必要なし、経費節約になるね、大丈夫ですよとのことだったのです。
やっぱり、それでピアノのバランスがあんなに悪かったのか!

疲れていたし、うるさいけれど夜の営業時間の都合もあるだろうし、
無理を承知で打ち上げをたのんだいきさつもあって、
ここで文句をつけてもめると、発表会の余韻と打ち上げを楽しんでいる
みんなのせっかくの雰囲気が壊れるだろうと、
そのときの私は何も言いませんでした。

しかし何人かの出演者たちは、
いつ私が『暴れる』かと期待・・いや心配していたというのです。

いつもの私なら・・・お金払って時間と場所を借りてるのに、
そっちの都合で調律なんかするな!・・・と、
昨日調律するはずじゃなかったのか!・・・と、
『暴れて』くれるかも・・・と期待したようなのです。

期待を裏切って悪かったね~
疲れ果てて、怒る元気もなかったんだよ~
 
いや~怒るにはパワーが要る~!!!
つまり、正当な怒りは疲れていない正常な人間の反応ということかしら・・・

PR
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
びわももよもぎ
性別:
非公開
自己紹介:
枇杷、桃、蓬はもう一生食べられないアレルギー体質の私。
アレルゲン山ほどの世の中で、
負けずに闘う
アレル(荒れる?)バスター、
ここにあり〜だぞ!!!
ブログ内検索
P R
アクセス解析
Copyright ©  K'z便り  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]