忍者ブログ
大阪のJazz Studio"K'z"のブログ
 30 |  29 |  28 |  27 |  26 |  25 |  24 |  23 |  21 |  20 |  19 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

はじめてのNew York行から年を経て,
Studioの仲間と連れ立っての音楽の旅、
New York Tourを企画しました。

ありきたりのおのぼりさん旅行ではないものにしようと、
当時New York在住のミュージシャンの友人に
協力してもらいました。

それが前々回に書いたK'z Tourですが、
今回は人数も多く、男性も参加していたので、
ショーやライブを楽しんだ後もあまり心配せずに済みました。

でも、反対に同行の男性がホモのウエイターに擦り寄られて
女性陣でガードする場面もありました。
リンカーンセンターの向かい側にあるレストランで食事をしていたら、
とてもハンサムな金髪のウエイター・・・多分このあたりなので、
仕事のない役者さんのアルバイトかもしれません・・・が、
我々女性陣には目もくれず、彼に集中してオーダーを取ったり、
世話をやいたりと、アタックするのです。
帰りには、彼だけに山盛りのテイクアウトを持たせてくれました。

レストランから外に出ると、
私はエイズですと書いた紙を持った男性が物乞いをしていました。

それでも、団体であるという安心感と、
ホテルが治安の良いセントラルパークそばだったので
みんなで歩いて帰りました。

その年は日本人の『オルケスタ・デ・ラ・ルス』というラテングループが
国連で演奏するという快挙をなしとげた時で、
我々の滞在中にBLUE NOTEで演奏すると聞いて
みんなで応援に行きました。 
乗ったタクシーの運転手さんが、
『場所は知ってるけど,行ったことないなあ 』といってました。
ショーチャージに50ドルも払う地元の人は少ないのでしょう。
NHKが取材に来ていて、たいそうな騒ぎでした。

Broadway Musicalもたくさん見ました。
ちょうど旧作のリバイバル上演が流行っていて、
我々の歌っているスタンダードはここから生まれたのだと
再確認したことでした。

二年続けてのNew York Tourは、
阪神淡路大震災で立ち消えになってしまいました。
また再開しようかと思っていたら、
2001年の9.11で完全に意欲がしぼんでしまいました。

息子が呼びにきたあの時を忘れられません。
『母さん、New York が・・・』
『これ、ほんまに起こってるん?』

以来、New York には行けません。

次回には、Blossom Dearyを!
Kenny RankinをNew York で!と思っていましたが、
二人とも旅立ってしまわれました。

なんとかShirly Hornが生きてる間に、
もう一度聴きにいきたいものです。
 

PR
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
びわももよもぎ
性別:
非公開
自己紹介:
枇杷、桃、蓬はもう一生食べられないアレルギー体質の私。
アレルゲン山ほどの世の中で、
負けずに闘う
アレル(荒れる?)バスター、
ここにあり〜だぞ!!!
ブログ内検索
P R
アクセス解析
Copyright ©  K'z便り  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]