忍者ブログ
大阪のJazz Studio"K'z"のブログ
 75 |  74 |  73 |  72 |  71 |  70 |  69 |  68 |  67 |  66 |  65 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


K’zの夏休み・・・合宿と呼んでいます。

・・・どこにも歌ってる写真がない・・・って

K’z合宿は親睦、親睦、親睦を旨としているのです!

日常に溢れる歌を自然の中で満喫する!
・・・これが目的なのです。

昼間は童謡・唱歌シリーズ。
海からあがってお風呂の順番を待つ間に大合唱!
子供時代の刷り込みはすごい!
次から次へと出るわ、出るわ!
子供たちもびっくり!
ユニゾンから、ハモりが自然発生・・・あ~楽しい!
これぞ音楽!!!

夜も更けて子供たちが寝静まると・・・
アカデミックな問題提起の時間です。

打ち寄せる波音が耳に心地よく、
アルコール度数も上がったところで、
シャンソン歌手のT嬢、
『この夏は、サントロペにはまいりません』と歌い始めました。

『想い出のサントロペ』というドラマティックシャンソンの最初のフレーズです。
サントロペは南仏の避暑地。
フランスの中流階級のこの歌の主人公が
毎年のヴァカンスで訪れる土地です。

この歌はこの主人公が避暑のために毎年借りている
別荘の持ち主に宛てて書かれる手紙として歌われます。

この夏はサントロペにはまいりません
お借りしたあの家にはまいりません
この夏はサントロペにはまいりません
他のどなたかにどうぞ貸してください

この夏はサントロペにはまいりませんというフレーズが繰り返し歌われて
ドラマは進行します。

彼女は恋人と毎年の夏をそこで過ごしていたのです。

この夏はサントロペにはまいりません
私も彼も二度とはいけません

やがて誰かが私を捕らえます

いとしいあの人を今、殺しました・・・と終わるのです。

これをはじめて伴奏した際のN嬢、
最後のフレーズで『びっくりして、コケました!』

さてそれから、殺しの道具は何か?からはじまって、
フランスのヴァカンス事情までに話はおよび、
さすが文化度の高い我々(?)のアカデミックナイトと自画自賛!

一段落したところ、メンバーの一人が言いました。

『Miss Otis Regrets』とおんなじ内容やね!

さあ、ここからがまた大変!

Cole Porter作品の『Miss Otis Regrets』との類似点が
俎上にあげられて議論沸騰!

どちらかがコンセプトをパクったに違いない!
究明せねば!となりました。

そして、私がこの研究課題を宿題として持ち帰ったのです。
この続きはまた次回に!
PR
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
びわももよもぎ
性別:
非公開
自己紹介:
枇杷、桃、蓬はもう一生食べられないアレルギー体質の私。
アレルゲン山ほどの世の中で、
負けずに闘う
アレル(荒れる?)バスター、
ここにあり〜だぞ!!!
ブログ内検索
P R
アクセス解析
Copyright ©  K'z便り  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]