忍者ブログ
大阪のJazz Studio"K'z"のブログ
 114 |  113 |  112 |  111 |  110 |  109 |  108 |  106 |  105 |  104 |  103 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 2011年3月11日(金)午後2時すぎ。

久しぶりに発声練習していました。

頭声でカンカンと当てていたら、くらくらっときました。
アレレ・・・?
エクササイズ怠けてたからかな・・・?
身から出た錆?
・・・アレ、まだなんか揺れてる気がするけど・・・
あ〜やっぱり揺れてる〜!!!

慌てて、ドアを開け放し、テレビをつけました!
東北でマグニチュード7.3の地震!
津波警報発令!

最初の地震情報から30分くらい経ったころ、
テレビに家や畑を津波が呑み込んでいく映像が
リアルタイムで映し出されます。
ライトをつけたままの車が流されて行きます。
涙を流しながら、見ている事しかできません。

官邸は対策本部を立ち上げたのか、
ネットで確認しましたがどこにも見当たりません。

テレビでNHKを、PCでTwitterをにらみながら情報を確認します。
地震規模がマグニチュード8.8と訂正されます。

東京のバカボンにメール。
すぐに返事が来ました。
『大丈夫』

そのあとは、メールも電話もほとんど繋がらなくなりました。

あとで聞いた話ですが、『大丈夫』ではなかったようです。
バカボンも小学校4年生ではありましたが、
阪神淡路大震災を経験しています。
やはり、あの時の経験を忘れてはいないようで、
『怖かった』
『横揺れで直下型ではないからビルが潰れる事はない』
とは思ったものの、揺れの時間が長くて、
手の震えがしばらく止まらなかったと言ってました。
二度目の地震経験で、人はいつ死ぬか分からないという思いが、
瞬間に頭をよぎったとも。
交通機関は全部不通になり、
約五時間歩いて夜中に帰宅しました。

東京方面以北の友人に連絡を取りますが、
電話は繋がらず、メールに返事もありません。

日付がかわり、その夜は震災の経験もふまえて、
テレビはつけたまま、すぐに飛び出せるよう服も着たまま寝ました。

夜中になり、8時間遅れでメールが届いたりしました。

バカボンの友人の勤務先が仙台で連絡がとれないという情報も
入ってきました。

日の出とともに起きて、情報確認します。
原発の炉心冷却不能が心配です。
次々と報告される映像の悲惨さに胸が潰れます。

外に出れば、何の変わりもない日常がそこにあって、
目に焼き付いた惨状とのギャップに頭が切り替えられません。

16年前の大震災当時、
交通機関の復旧をうけて、
やっとの思いで瓦礫の街から脱出して来た友人の言葉を思い出しました。
『ここは普通で、別世界です!』


PR
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
びわももよもぎ
性別:
非公開
自己紹介:
枇杷、桃、蓬はもう一生食べられないアレルギー体質の私。
アレルゲン山ほどの世の中で、
負けずに闘う
アレル(荒れる?)バスター、
ここにあり〜だぞ!!!
ブログ内検索
P R
アクセス解析
Copyright ©  K'z便り  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]