忍者ブログ
大阪のJazz Studio"K'z"のブログ
 135 |  134 |  133 |  132 |  131 |  130 |  129 |  128 |  127 |  126 |  125 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

e5576fd3.jpg本来なら今日は、
97才の叔母の大往生を
寿ぎたかったのですが、
松本某の暴言事件で、
目尻が吊り上がってしまい、
心穏やかになれませんでした。

3月11日の東北大震災以来、
私のまわりでも凶事が多く、
毎月のように訪れる
病気や怪我や逝去の知らせに、
どこかがすり減って、
疲れがたまっていくのを止められません。




先月末に母の十七回忌を済ませたばかりでしたが、
ちょうどその1週間後に叔母が亡くなりました。

そして、その葬儀当日は母の命日という巡り合わせです。
オカルト好きではありませんが、
何か繋がりがあるような気もしないではありません。

勝手な想像ですが、
あの世の母が、
「もう充分生きたでしょう〜そろそろこっちへおいで〜」と、
叔母を呼んだに違いないと思っています。

叔母の危篤の知らせを聞いて、随分可愛がってもらったのに、
長らく逢いに行ってないことを申し訳なく思いました。

そして、もっと申し訳ないことに、
叔母が亡くなったら、
「あ〜又葬式かぁ〜」とため息が出ました。

被災地では行方不明のまま、
まだお葬式を出す事もできない方が沢山おられるようです。
お葬式を出せることが、まだしもましであるかもしれないなんて、
何といえばよいのか分かりませんが、
弔いの場に行くのが、こうも立て続けでは、心底疲れます。

ただし、今回は97才という高齢でもあり、
お迎えが来るまで家族による手厚いケアを受けて、
静かに逝った大往生でしたので、
葬儀場には悲壮感がありませんでした。

家族葬だからね、ということでしたので
私のイメージの中ではひっそりと10人程度の
お式かと想像していました。

ところが、遺族席には30数名の親族が居並び、
おつきあいのあった親族以外の方もいれると、
50人ほどの参列者がありました。

まずその親族の多さにびっくり!
一家に子供4人などという家庭は私のまわりには、
見当たりませんが、それは特別ではないようなのです。

叔母の子の世代は3人。
その配偶者3人。
その三人から孫が9人。
その配偶者が2人。
ひ孫が4人。
直系のこれだけですでに21人。
同地域に住む叔母の甥や姪、
その配偶者と子供達。私。
配偶者の実家からの参列者をいれれば、
ゆうに30人は越しますね。

人間として立派な成果ですよね〜!
種の存続に貢献してますね〜!

7ed44da4.jpg先日の高野山での歴史の重みに続き、
名も無き一般市民である
叔母の成し遂げた偉業に、
心底頭が下がりました。

葬儀の席では
故人にまつわる
個人的な思いや感情に
埋没してしまい、
こんなに客観的に参列者を
眺められたことがなかったので、
人間の生命やその営々と続く営みを
系列化して見られた今回は、
実に有意義でした。

叔母に比して、人類への根本的な貢献度が足りないと、
自覚させられた一日でした。


PR
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
びわももよもぎ
性別:
非公開
自己紹介:
枇杷、桃、蓬はもう一生食べられないアレルギー体質の私。
アレルゲン山ほどの世の中で、
負けずに闘う
アレル(荒れる?)バスター、
ここにあり〜だぞ!!!
ブログ内検索
P R
アクセス解析
Copyright ©  K'z便り  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]