忍者ブログ
大阪のJazz Studio"K'z"のブログ
 156 |  155 |  154 |  153 |  152 |  151 |  150 |  149 |  148 |  147 |  146 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いやはや、疾風怒濤の二ヶ月でございました。
ようやく、ちと落ち着きを取り戻し、
物を書くという作業に目を向けられます。

気がつけばすでに師走ではありませんか!
一体この1年、何をして来たのでしょうか?

今年は日本にとって、試練の年でした。
北から南まですべての日本人が3/11の痛みを共有しました。
東日本は福島は、どう救済されるのでしょうか?
未だに光りは見えて来ません。

そして昨年の11月末から今日まで毎月、
私のまわりでも人の死なない月がありませんでした。
私のこれまでの人生でも最悪の年でした。
逝く人を送るだけの年なのでしょうか?

大きな災厄の起る年には、
身の周りにも不幸が続くという、
負の連鎖が呼び起こされるようです。

95年の阪神大震災の時には、
母と共に、癌と闘いました。
母は逝き、私は生き残り、
16年を経て、
今また多くの人との別れを経験しています。

今度は年をとった分だけ、
現実の重みを跳ね返す力が弱まっています。
葬儀の知らせを受けるたびに、
『もう、いやだ!もう参列したくない!』と
弱々しい声が頭の中で響きます。

今年は、
親戚やごく親しい身内のような大切な人や、
同じ時代を生きてきた
少し年上の先輩ミュージシャンの方々が
相次いで亡くなられました。

『みんな、順番。そういう年回りになってきたのよね』
なんてしたり顔で言える人は、まだ大丈夫!
自分にお鉢は回って来ないと信じていられる人だから。

16年前は、まだ今より数段若く、
背負っている大きな責任を全うしなければと、
そればかりで駆け抜けたので余裕がなく、
自分の病気や身内の死に対しても、
気落ちしたり、さめざめと悲しむ暇さえ持てなかった。
今のように生きることへの不条理や憂鬱を感じることもなく、
ある意味明快でふっ切れていたようにも思える。
なのに、このところの無力感には全く抗う術もなく、
日々じくじくと絡めとられて逃げられずにいる。
致し方ないが、どうしようもなく不快だ・・・
なんて純文学のアプローチみたいかな・・・

私の人生で二人めの自死にも出会い、
どんなことがあっても、
自分の責任を放棄するそれだけはしてはいけないと、
断言できるようにもなりました。

近しい人の死に直面して、
自分が死ぬのが恐ろしいと感じるのではなくて、
年を取るのが、全ての面で衰えていくのが、
実に辛いとつくづく感じさせられた
この秋でした。

ひとが生きて死んで行く、
その人の世の習いがひしひしと身に沁みる
年の瀬です。

PR
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
びわももよもぎ
性別:
非公開
自己紹介:
枇杷、桃、蓬はもう一生食べられないアレルギー体質の私。
アレルゲン山ほどの世の中で、
負けずに闘う
アレル(荒れる?)バスター、
ここにあり〜だぞ!!!
ブログ内検索
P R
アクセス解析
Copyright ©  K'z便り  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]